FAQ

QH.265の映像をSK VMSで再生することはできますか?

A

  • H.265とは?
    H.265
    は、現在IPカメラで主流のコーデック(圧縮規格)であるH.264の、後継コーデックです。
    H.264の約2倍の圧縮性能を持ち、カメラ解像度の向上に伴う映像容量の増加が懸念される中で、映像品質を落とさず、帯域幅・ストレージ容量を削減することを期待されています。
  • SK VMSでH.265を再生するには?
    SK VMSv3.1では、H.265による映像の再生に対応しています。
    しかし、H.265対応カメラを接続しても、現在のカメラ設定の最適化機能では、自動でH.264コーデックによる映像配信が優先して設定されてしまいます。
    H.265による映像を再生するには、カメラ設定の最適化機能を無効にする必要があります。

 

H.265映像の再生手順

  1. 初めに、通常通りH.265カメラをSK VMSサーバーに登録します
    ※この時点では、H.264による映像が再生されます
  2. こちらの記事を参照して、カメラ設定の最適化機能を無効にします
  3. ブラウザでカメラのIPアドレスを入力し、カメラの設定画面からH.265映像の配信設定をします
    ※以下は、AXISカメラでのH.265映像配信の設定例(画像クリックで拡大)
  4. サーバーに接続中の全てのSK VMSクライアントを閉じ、再接続することで配信設定を反映します
    ※再起動以外に、SK VMS上でカメラの録画設定を変更することでも、配信設定を反映できます

 

最適化機能無効の注意点

設定の最適化機能を無効にすると、録画設定のfps、画質の項目がカメラに反映されなくなります。
最適化機能を無効にした際は、映像設定の全てをカメラ設定サイトから行うようにしてください。

一覧へ戻る

カテゴリから探す