推奨動作環境

SK VMSサーバー・クライアントの推奨動作環境

SK VMSサーバー

最大カメラ接続数 対応OS CPU メモリ(RAM) ネットワークカード(NIC)
4台 Windows
Linux(Ubuntu)
Intel Atom
プロセッサ(2コア)
1GB RAM 100Mb NIC
16台 Windows
Linux(Ubuntu)
Intel Celeron
プロセッサ(4コア)
2GB RAM 1Gb NIC
(1Gb x 2を推奨)
32台 Windows
Linux(Ubuntu)
Intel Core i3
以上のプロセッサ
4GB RAM 1Gb NIC
(1Gb x 2を推奨)
64台 Windows
Linux(Ubuntu)
Intel Core i5
以上のプロセッサ
8GB RAM 1Gb NIC
(1Gb x 2を推奨)
128台 Windows
Linux(Ubuntu)
Intel Core i7
以上のプロセッサ
16GB RAM
(最小8GB)
1Gb NIC
(1Gb x 2を推奨)

SK VMSクライアント

同時再生数 対応OS CPU メモリ(RAM) GPU NIC
2本のFullHD解像度映像
もしくは
16本の低解像度映像
Windows
Mac
Linux(Ubuntu)
Intel Celeron
プロセッサ(2コア)
1GB OPEN GL2.1 以上をサポートするGPU 100Mb
(2枚構成推奨)
8本のFullHD解像度映像
もしくは
32本の低解像度映像
Windows
Mac
Linux(Ubuntu)
Intel Corei5
プロセッサ
8GB Nvidia GeForce GT730以上 1Gb
(1Gb x 2を推奨)
16本のFullHD解像度映像
もしくは
64本の低解像度映像
Windows
Mac
Linux(Ubuntu)
Intel Core i7
以上のプロセッサ
16GB Nvidia GeForce GT 730以上 1Gb
(1Gb x 2を推奨)

※高解像度映像の同時再生時、PC負荷が増加すると、自動で低解像度映像へ表示を切り替えます。
※SK VMSクライアントは、VMwareやVirtualBOXなどの仮想化ソフトウェア上に展開されたOSへのインストールには対応していません。

システムドライブの容量制限

SK VMSアプリケーション(サーバー・クライアント)は、OSのインストールされているシステムドライブ(Cドライブ等)にインストールされます。

システムの安定稼働には、最低でも以下の容量のシステムドライブを用意する必要があります。

  • Windows OS – 64GB以上
  • Linux OS(Ubuntu) – 16GB以上