SK VMSブログ

フェイルオーバーとは?より確実なシステム運用の為に必要な知識。

SK VMSの知識 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
株式会社システム・ケイ新人のクッキーです。

皆さんは「フェイルオーバー」という言葉を聞いたことはありますか?
システムの冗長化に関する単語で、
障害発生時に予備のシステムに自動で切り替える機能のことを言います。

今回は、そんな「フェイルオーバー」に関する知識と、
SK VMSにおけるフェイルオーバーについてお話します。

システムの冗長化によって、止まらないシステムを構築する

監視カメラシステムは決して止まってはいけない

監視カメラシステムは、防犯カメラによる監視で、不法侵入や盗難防止や、
犯罪発生時の原因究明など、皆さんの資産や安全を守る為の重要なシステムです。

そんな「いざ」という時に備える監視カメラシステムは、
常に正常に動き続けている必要があり、決して止まったり、壊れたりしてはいけません。
問題が発生し、監視カメラの映像から原因を特定しようという時に、
監視カメラシステムの故障で映像が録画できていない、なんてことがあっては大変です。

しかし、監視カメラシステムは、サーバー、つまりはコンピューター上で動くものです。
どれだけ高級で、ハイスペックなコンピューターを使用しても、
それがモノである以上は、絶対に壊れない、ということはありえません。

ではどうするか。
その解決策が、「システムの冗長化」であり、「フェイルオーバー機能」なのです。

システムの冗長化とは

先程、壊れず、止まらないシステムを構築する為に必要なものが、
「システムの冗長化」だということをお話しました。

では、「冗長化」とは、どういった意味なのでしょうか?
本来、「冗長」とは、無駄が多く余っているといった意味合いですが、
ITの世界においては、「余っている」ということをポジティブな意味合いで使っています。

システムにおける冗長化とは、
システムに障害が発生した場合に備え、あらかじめ予備のシステムを用意しておく
ことを指します。

この様にすることで、システムに問題が発生した時に、直ちに予備の
システムに切り替え、常にシステムが正常に稼働し続けることができるのです。
システムに問題が発生していない時には、予備システムは常に待機しており、
システムが丸々余っている為、「冗長化」と呼ばれています。

フェイルオーバーとは

さて、「冗長化」とはシステムの障害に備えて、予備のシステムを用意することでした。
では、今回のメインである「フェイルオーバー」について説明をします。

「フェイルオーバー」とは、
システム障害が発生した時、稼働状態にある予備システムに、動作を自動で切り替える機能のこと
を言います。

予備システムが稼働状態で待機をしている為、システムの切り替えが非常に素早いことが特徴です。
常に予備のシステムを稼働状態にしておく必要がある為、多少のコストはかかりますが、
重要なシステムが完全に停止するリスクに比べれば、十分に行う価値があります。

これと似たようなことを、以前「ホットスペア」についての記事でもお話ししました。
その時には、「録画データを保存するストレージに、予備ディスクを用意する」
という内容で「ホットスペア」を説明しました。

実はこの「ホットスペア」、システムに関する用語としても使われており、
予備システムが、稼働している状態のまま待機していることも「ホットスペア」と呼ばれます。

今回の話で言えば、あらかじめ予備のシステムを「ホットスペア」しておき、
障害の発生時に、予備システムに「フェイルオーバー」する、ということです。

余談ですが、自動でシステムを切り替えるフェイルオーバーに対して、
人間が手動でシステムを切り替えることを、「スイッチオーバー」と言います。
人の手で切り替える為、障害発生から、システムの切り替えまでに
時間が掛かってしまいますが、その分複雑な仕組みがいらないことが特徴です。

SK VMSにおけるフェイルオーバー

SK VMSはサーバーの統合によりシステムを冗長化する

当社のVMSであるSK VMSは、複数のサーバーを統合して
一つのシステムとして扱う、「システム統合」機能が存在します。
サーバーの統合により、それぞれのサーバーが持っている、
カメラなどのリソースを共有し、多数のサーバーを一括で管理することができます。

また、システム統合は、それぞれのサーバーが相互に監視しあうことで、
障害発生時に備える冗長化の機能も持っています。

統合されたサーバーは、互いに自分が持っているユーザー情報やカメラの接続情報、
設定情報を共有しており、他のサーバーが正常に稼働していることを確認し合います。

障害発生時、フェイルオーバーによりカメラの録画を継続する

システム統合により、統合されたサーバー同士は、
互いのサーバーが正常に稼働していることを監視しています。
サーバーの一つが障害により切断されると、残ったサーバーがそれを検知して、
フェイルオーバーを起こし、切断したカメラを繋ぎなおします。

切断したサーバーは、あらかじめカメラの接続情報や、録画設定を他のサーバーへ
共有しているので、他のサーバーはすぐさま切断したカメラを復旧することができます。
そして、切断されたサーバーが復旧すると、カメラは元のサーバーに繋ぎなおされます。

 

これにより、サーバーが故障したとしても、そこに繋がっていたカメラの録画は止まることが無く、
安心して監視システムを運用することができます。
また、サーバーの切断後に録画していた映像も、切断前の映像と連続して再生することができるので、
障害時にも録画データの保存先などを意識する必要がありません。

まとめ

さて、今回は、「フェイルオーバー」についての知識と、
SK VMSにおけるフェイルオーバーについてお話しました。

今回のお話のポイントは次の3つです。

  • 冗長化によって予備のシステムを用意することで、不意の障害に備えることができる。
  • 予備を用意することで、もしもの場合にシステムを切り替えて動作を継続できる
  • SK VMSは、サーバーに障害が起きると、自動でカメラを別のサーバーへ切換え、録画を継続する

 

監視カメラシステムは、皆さんの資産や安全を守る大事なシステムです。

今回紹介した「フェイルオーバー」を導入するには冗長化の為、コスト高になることは
否めません。しかし、肝心な時に録画ができていない、という状況を回避することができます。

監視カメラシステムの導入をご検討されている方は、今回のお話が参考になればと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

メルマガ登録

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて