SK VMSブログ

イベントルールでレイアウト表示―SK VMSの新機能紹介―

SK VMSの知識 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!システム・ケイのリリーです。

今回は、SK VMS 新バージョンで実装されたイベントルールの新機能をひとつご紹介します。その機能とは、「特定のイベントが起きた時に指定したレイアウトを表示する」というものです。

旧バージョンは、イベント発生時に特定のカメラの映像を表示させることができます。しかし、カメラ映像の表示サイズや配置を指定することはできません。一方、新バージョンではイベント発生時に、カメラ映像の表示サイズや配置を指定したレイアウトを表示させることができるようになりました。

イベントルールの設定方法

1. まずは「レイアウトのカスタマイズ方法」のページを参考に、レイアウトを作成してみましょう。

2. レイアウトができたら、「メインメニュー」→「システムアドミニストレーション」→「イベントルール」の順に進みます。

メインメニュー
システムアドミニストレーション
イベントルール

3. イベントルールの画面が開いたら、右上の「+ 追加」ボタンをクリックします。 そうすると、画面下部にイベントとアクションの設定項目が出てきます。

イベントとアクションの設定項目

4. 「イベント」欄で設定したイベントが発生すると、「アクション」欄で設定したアクションが実行される仕組みになっています。
今回はイベントとして「カメラのモーション」を、アクションとして「レイアウトを開く」を指定してみました。
カメラが動きを検知したときに「テストレイアウト」という名前のレイアウトが開かれる、というイベントルール設定です。

イベントは「カメラのモーション」に指定
アクションは「レイアウトを開く」に指定

まとめ

  • SK VMS 新バージョンには「特定のイベントが起きた時に指定したレイアウトを表示する」という新機能がある
  • イベントルール設定画面でイベントを設定し、アクションは「レイアウトを開く」を指定する

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

メルマガ登録

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて