SK VMSブログ

SK VMSの機能紹介 「ビデオウォール機能」

SK VMSの知識 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.ビデオウォール機能とは

遠隔地にあるPCモニターに対して、カメラ映像表示のレイアウト配置などを、リモートで操作できる機能です。

複数台のクライアントPCを利用している場合、それぞれのPCに「どのカメラ映像を表示するか」、「どのようなレイアウト配置にするか」などを、それぞれのクライアントPCを直接操作して設定する必要があります。

例えばカメラ映像表示を1台追加するだけでも、クライアントPCが10台あれば10台分操作が必要で大変です。
ビデオウォール機能は、ビデオウォール操作用のPCから、リモート操作で全クライアントPCにカメラ表示を追加などできます。

構成例

ビデオウォール操作用PCから、クライアントPC①(モニター1台接続)と、クライアントPC②(モニター2台接続)のリモート操作を行う

ビデオウォール操作用PCから、クライアントPC①(モニター1台接続)と、クライアントPC②(モニター2台接続)のリモート操作

ビデオウォールライセンスについて

ビデオウォール機能の利用には、ビデオウォールライセンスが必要で、1ライセンスあたりモニター2台まで操作可能です。

2.ビデオウォール機能 利用イメージ

(1)クライアントPC側でビデオウォール操作を受け付けるモニターを指定します。
下記は、クライアントPCにモニターが2台接続されている場合の例

クライアントPC側でビデオウォール操作を受け付けるモニターを指定します。

①接続された2台のモニターの内、1台だけを使用する設定例

①接続された2台のモニターの内、1台だけを使用する設定例

②接続された2台のモニターを1つのスクリーンとして使用する設定例

接続された2台のモニターを1つのスクリーンとして使用する設定例

(2)ビデオウォール操作用PC側から、クライアントPCに表示するカメラ映像や配置を設定します。

ビデオウォール操作用PC側から、クライアントPCに表示するカメラ映像や配置を設定します。

(3)クライアントPCに、自動的にビデオウォール操作用PCで設定したレイアウトが表示されます。
①接続された2台のモニターの内、1台だけをビデオウォールに使用する場合

接続された2台のモニターの内、1台だけをビデオウォールに使用する場合

②接続された2台のモニターの内、2台を1つのスクリーンとして使用する場合
※2台のモニターにまたがって表示されるので、下の画像は横長になっています。

2台のモニターにまたがって表示されるので、下の画像は横長になっています。

メルマガ登録

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて