SK VMSブログ

映像への透かし追加表示―SK VMSの新機能紹介 ―

SK VMSの知識 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!システム・ケイのリリーです。
今回はSK VMS新バージョンの機能をひとつご紹介します。

 

映像への透かし追加表示とは

管理者権限以外のユーザーがライブ映像を見るときや、映像をエクスポートする時、映像上に「ユーザー名」を透かしで追加表示することができます。これにより、内容の可読性を損なうことなく、取り扱いに注意が必要であることを伝えることができます。

この「映像への透かし追加表示」という機能についてこれから説明していきます!

 

ユーザー権限

透かしの設定は、ユーザー権限が管理者で設定することができ、見るときは管理者権限以外でのログインとなります。

補足「ユーザー追加」について

SK VMSにはユーザーを複数登録し、ユーザーごとに使用する機能を制限することができます。 すべての機能を使うことができる「オーナー」(管理者)、ライブ映像の再生のみ可能な「ライブビューアー」など、ユーザーの役割がいくつかあります。

ユーザーを追加する方法については「ユーザーの追加方法」をご覧ください。

 

透かし表示の設定

1. まずは管理者アカウントでログインします。
2. メインメニュー>システムアドミニストレーションを開きます。
3. 「ビデオの上にユーザー名で透かしを表示する」にチェックをつけます。
「ビデオの上にユーザー名で透かしを表示する」にチェックをつけます。

4. 「透かし表示」をクリックすると、透かし文字の透明度などを調節することができます。

「透かし表示」をクリックすると、透かし文字の透明度などを調節することができます。
「透かし表示」プレビュー画面
 

透かし表示を見てみよう

管理者アカウントで透かし表示の設定ができたら、別のアカウントでログインして、映像上に透かし模様が出ることを確認してみましょう。

ライブ映像

1. 管理者以外のアカウントでログインします。
2. ライブ映像にユーザー名(demouser)が透かし表示されます。

ライブ映像にユーザー名(demouser)が透かし表示

録画映像

1. 管理者以外のアカウントでログインし、録画映像を再生します。
2. 映像上にユーザー名が透かし表示されます。

録画映像上にユーザー名が透かし表示

エクスポート画像

1. 管理者以外のアカウントでログインします。
2. 映像をエクスポートします。※録画映像のエクスポート方法
3. エクスポートした映像を再生すると、映像上にユーザー名が透かし表示されます。

エクスポートした映像を再生すると、映像上にユーザー名が透かし表示されます。

いかがでしたか?

SK VMS 新バージョンの機能をぜひ試してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

メルマガ登録

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて