レイアウトの作成と呼び出し

直感的な操作で自由にレイアウトを保存、すぐに呼び出し可能

SK VMSでは、ユーザーが自由に編集したレイアウトを保存し、いつでも呼び出すことができます。

従来のNVR、VMSと比較して、SK VMSのレイアウト設定は非常に高い自由度を持ち、 用途、目的に合わせて最適なレイアウトで監視を行うことができます。

自由なレイアウトの作成

直感的な操作によって、表示画面上のグリッド(網目)UIに、自由にカメラ映像を配置し、思い通りのレイアウトを作成することができます。

ユーザーは、カメラ映像の配置、サイズ、向きを自由に変更することができ、デジタルズームによる、画面の一部拡大も可能です。

自由なレイアウト

レイアウトの呼び出し

保存したレイアウトはリソースツリーに表示され、ダブルクリックか、表示領域へのドラッグ&ドロップ操作によって、いつでも呼び出すことができます。

レイアウトの活用

レイアウトを複数作成し、それらを同時に確認するには、複数のディスプレイが必要になります。 一画面での同時確認を行いたい場合、シーケンス表示機能を利用して、レイアウトの自動切り替え設定を行うことをお勧めします。