録画データのバックアップ

録画データのバックアップの種類

バックアップを設定しておくことで、ストレージ故障、サーバー故障等から、大事な録画データを保護することができます。

バックアップは、ローカルHDDはもちろん、NASやクラウドサーバーにも行うことが可能です。

バックアップには、以下の3方式が存在し、バックアップするカメラを個別に設定することもできます。

スケジュールバックアップ

あらかじめ設定した曜日、時間帯にバックアップが自動で行われます。

設定した時間帯の内に、すべてのバックアップが終了しなかった場合、 次回のバックアップスケジュール時に、前回中断した地点からバックアップを再開します。

ネットワーク使用者の少ない、夜間や休日にスケジュールを設定することで、 ネットワーク帯域を圧迫することなくバックアップを実行可能です。

リアルタイムバックアップ

通常の録画と同時に、バックアップデータをバックアップストレージに保存します。

通常の録画後、即時バックアップを行うので、対障害性を最も高めることができます。

※このバックアップ方式では、設定の適用以前の録画データをバックアップできません。

オンデマンドバックアップ

オンデマンドバックアップは、ユーザーの任意で、バックアップを実行することができます。

実行したバックアップはいつでも中断可能で、次回実行時には、中断した地点からバックアップを再開することができます。

関連記事:「バックアップの設定方法