レイアウトフリー

SK VMSのカメラレイアウトは今までにないほど簡単です。
直感的な操作性と、自由なレイアウト組み換えによって、思い通りのレイアウトを作成することができます。

グリッドUI上に自由にカメラを配置できる

従来のNVR、VMSでは、決まったサイズ・配置のレイアウトパターンにカメラを配置してレイアウトを作成します。
SK VMSのレイアウトは、グリッド(格子)状になっている画面の上に、カメラを自由なサイズ、自由な位置に配置して作成できます。

▼格子状になっている画面に自由にカメラを配置
格子状になっている画面に自由にカメラを配置

▼好きな大きさに映像を拡大
好きな大きさに映像を拡大

映像回転、デジタルズームで見たい角度、見たい部分を確認

配置したカメラ映像は、見たい角度に映像を回転させることや、映像の一部だけをデジタルズームで切り出して拡大表示することで、見たい部分だけを大きく見せることができます。

▼映像回転で自由に角度を調節
映像回転で自由に角度を調節

▼デジタルズームで、映像の一部を拡大表示
デジタルズームで、映像の一部を拡大表示