SK Cloudの利用方法

SK Cloudの利用方法について説明します。

SK Cloudを利用すると、固定IPやDDNS不要で、外部ネットワークからSK VMSシステムにアクセス出来るようになります。

SK Cloudアカウントの作成

初めに、遠隔接続用アカウントを、SK Cloudサービスに作成する必要があります。

1.以下のSK Cloudサイトにアクセスして、アカウントを作成します。
https://skcloud.systemk.co.jp/register

SK Cloudアカウントの作成

SK VMSサーバーのSK Cloudへの登録

SK Cloudサービスを利用するには、遠隔監視を行うサーバーを、先ほど作成したSK Cloudアカウントに登録する必要があります。

1.メインメニューから、「システムアドミニストレーション」を開きます。

2.「SK Cloud」タブへ移動します。

3.「システムをSK Cloudに接続」をクリックします。

システムをSK Cloudに接続

4.先ほど作成した、SK Cloudアカウントの情報を入力し、「OK」をクリックします。

SK Cloudアカウントの情報を入力

5.画像の様にアカウント名が表示されれば、正常にシステムの登録が完了しています。

システムの登録が完了

SK Cloudを利用した遠隔アクセス

SK Cloudを経由して、SK VMSシステムにアクセスします。
サーバーに、固定IPやDDNS等の設定を必要とせず、外部ネットワークからの接続が可能です。

1.SK VMSクライアントから、SK Cloudサービスにログインします。

SK Cloudサービスにログイン

2.作成したSK Cloudアカウントの情報を入力し、「ログイン」をクリックします。

SK Cloudアカウントの情報を入力

3.ログインしたSK Cloudアカウントに登録済みのサーバーが一覧で表示されます。

4.アクセスするサーバーをクリックします。

アクセスするサーバーをクリック